申し込み締め切りを8/3(水)まで延長しました。

 

起立性調節障害は、10代で多く発症するため、子どもたちが安心して学校に在籍するためには、学校の先生方の病気に対するご理解がとても重要になります。

 

そこで、起立性調節障害の専門医や当事者と共に、更なる対応について考える場を企画しました。

今年は、オンラインでのZoom開催となります。地域にかかわらず、ご参加をお待ちしてます。

1部では、西宮市で小児科を開業されいている、えがおのこども しもたけクリニック院長の下竹敦哉先生をお招きし、起立性調節障害についてご講演頂きます。

2部では、起立性調節障害の当事者2名からの体験談を頂きます。

3部では、Zoomのブレイクアウトセッションを利用してグループワークを行い、参加された皆様がそれぞれ、どのような対応ができるのかを意見交換したいと考えています。

 

公益財団法人キリン福祉財団 令和4年度「キリン・地域のちから応援事業」助成事業で開催します。

大阪府教育委員会の後援も頂いています。

チラシご入り用の方は、下記からダウンロードしてください。

申し込み締め切りは8/3(水)まで延長しています。

ダウンロード
カラフルの”わ”第3回起立性調節障害の当事者と共に対応の仕方を学び合う!チラシダウンロード
R4カラフルの”わ”チラシ両面.pdf
PDFファイル 742.4 KB